Trip

八ヶ岳登山記1

P1010825   

ど~も。日、月と信州八ヶ岳へ行ってきました。

前回の富士登山のメンバーで、そして今回はテント泊!!

みんな大荷物でまずは、今回の登山の宿泊地、オーレン小屋を目指しました。

桜平駐車場から森の中へ吸い込まれていくと、苔むした

湿地帯が広がっていました。沢を流れる水の音、

草木の匂い、日常から離れた世界に突入していく感じが

テンションをあげる。でも2,30kg近くの荷物を背負っての道は

かなりハード。適当に休憩を入れて今夜の宴会、

見えない山の想像をしながらの道は、仲間達と行く登山の

醍醐味かもしれないです。

P1010788

そうこうしてる間にキャンプサイトオーレンゴヤに到着。

日曜日ということもあり、キャンプサイトは何はりかの

テントが点在してましたが、ほとんどたたんで帰る人達でした。

小屋で宿泊の手続きと、今日明日の行き先を記入しました。

富士山ではなかった遭難時の捜索先を記入したり、

点在する山小屋の連携が硬そうな気がして、

山小屋の人達のありがたさと、山の険しさがうかがえました。

幸い雪は無いそうなので心配ないとのこと、

まずは、テントを張って一服。

P1010793

オーレン小屋では、山水を無料でくれます。

オーレンの強清水といってました。

早速それを沸かしてドリップコーヒーを一杯。

今回の旅の1つの目標は天然水で焼酎水割りです。

まずはコーヒーで乾杯。

まろやかななんともいえない味わいでした。

昼飯を軽く済ませて本日の目標の山、天狗岳に向かいました。

P1010799 P1010805 P1010808

必要な荷物だけを持ってザックを軽くしたら、かなりいい感じの

登山になりました。

森の中は、木が風を防いでくれています。

残雪もところどころにあるけど、登っていると暑い位。

でも森林限界を超えると冷たい風が吹きつけ、

服を着ないと寒い。途中、根石山荘という山小屋で休憩して、

一路天狗岳へ。

P1010819 P1010820

頂上はやっぱり気持ちいい。大変な思いをして、

山を登る最後の目的地は、てっぺんで、

苦しい思いや痛い思いをしてもそこを目指したくなる。

もうちょっと若い頃には気づかなかった気持ちです。

山頂で一服して帰る途中、雲行きが急に悪くなり、

いきなりの雹の嵐!!痛くて寒くてテンパッて雨具を着て、

途中立ち寄った根石山荘に避難させてもらいました。

山小屋は管理人のお兄さん一人で、ゆっくりさせてもらいました。

そして色んな話を聞かせてもらいました。

話し方がばかソフトなのでかもしれません、

みた感じ自分らよりも年上かなっと思ったけど、

26さい。色んな山に行ってるらしく、色んな話を聞かせてもらいました。

山で遭難、死に掛けたりとか、仲間が登山でしんだとか、

山小屋の管理人の女の子との出会いについては、あまりないみたいだけど、

女の話にはかなり食いついてきました。そしてそれでよかったと安心しました。

それぐらい無機質でソフトな口調の26歳でした。

2時間くらい居させてもらってお茶まで頂いて、そしたら空もよくなったので

出発しました。薄いお茶でしたが最高にありがたかったです。

最後の写真を一緒にとったとき、

お兄さんが帽子をかぶってかっこつけてたので

がっかりしたと、友人Haccaが嘆いてましたが、

僕はありだと思います。お兄さんありがとう、

遭難しかけたときは、上を目指します。

次回へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

続旅日記。

19日Img_5152

早々にチェックアウトして、万座毛というところに行ったけど、観光客がはんぱじゃなく、さっと一周してすぐ脱出。

その後、真栄田岬の青の洞窟にシュノーケリングしに行きましたが、強風で入れずじまい。。その後、かねてから行ってみたかった、十八番横丁に向かいましたが、定休日でした。話によると、何人かで集まって、その人か得意なもので商売をしてるらしいです。そのライフスタイルに興味があって行ったのですが、だめでした。残念。その後今日の宿泊地の北谷のネコハウス近くの米軍のフェスに行ってきました。うまそうな太りそうなモンが山ほど売ってました。子供の遊び場もありかなり、ひなたはハイになってました。久々のアメリカンを楽しみました。

Img_5164

その後今日の宿ネコハウスにむかいました。オアシスちゃんやpolepoleさんも訪れたとここのタクジサンと話をしました。ここのボスは、料理の旅をつづけてきたひとで、ゲストハウスをメインに、スムージーから始まって一週間くらい前に、カフェをオープンしたみたいで、建物も手作りで愛着がわきます。その離れの個室に一泊することになりました一人3000円。北谷はすごく栄えてて、アメリカ人がたくさん居る感じでした。もう日本の面影がないくらい、中心部はアメリカです。久々に、ガッツりとブリトータコスセット、ハンバーガーを頂きました。そして、アメリカンな一夜が過ぎていきました。

20日 

翌朝、ネコボスに色々情報を教わり、かねてから行きたかった、読谷自然学校に向かった。子供達自作の遊具が、庭の木にぶらさがっていました。ここの校風は、できる限り見守り続けるらしいです。大人による介入をなくして、子供達の自発的な対応をさせていくという、一風変わった学校です。あんな環境ですごす園児はうらやましいな~と思った。

Img_5178 Img_5173

腹が減ってきたところで、帰り道のネコハウスにランチを食べに行きました。ネコボスの経験から生み出される料理と、パティシエのゆずちゃんのデザート。全部セットになってます。マジやられました。ここは絶対お勧めです。

 

その後神の島、久高島に向かい出発。もうフェリーないのかなーと恐る恐る見るとあった!!もう一便、後15分。急いでしたくして、車を置いて、宿泊所に予約の電話。奇跡的にあいてて、即決め。一人3500円。島に着くと宿泊所までは徒歩。ついた後、夕日きれいそうだと話していると、展望台から見てくださいとのこと。展望台がある宿なんてスゲート思いながら速攻で階段を登ると、まん丸の黄身のような夕日が今にも沈むところ。ナイスナタイミングで夕日のマジックアワーに間に合いました。
そして満天の星を見ながらこの星の神秘的な伝説や神話の事を考えました。そして、話によるとあすは祭りだそうです。なんか僕らはこの島に招かれているような気になりました。

21日 朝起きてカーテンを開けるとにじが!!やっぱり神秘的
そして自転車を借りて島を一周、島には男厳禁の聖地や、琉球最高の聖地がいたるところにあります。天気もいいし、心地よい風に、キラキラ緑アマミキヨが降り立ったというカベール。天国を想像するほどきれいだった。

Img_5212 Img_5231

そしてフェリー乗り場への坂を下りている時、いきなり雨が。やっぱりしゅくふくされてたっぽかったです。到着後、世界遺産でもあり、聖地でもあるセーファーうたきへ。そこはお祈りしてる人もいて、パワースポットでした。

Img_5251

ランチを食べに浜辺の茶屋に行きました。ロケーション最高で店内は満席。人が居ないとき窓辺でゆっくり読書とか出来たら最高だと思いました。

Img_5258

その後、ひなたがどうしても海につかりたいらしくビーチへ海水浴に、楽しそうにはしゃぐ姿を見ていたらいつの間にか自分も浸かってました。

Img_5270 Img_5275

そして夜は再びちあきと合流。彼女の彼に釣りに連れて行ってもらいました。何も釣れずそろそろ帰るかと片付けていたとき、目の前に見たこともない、空の端から端までキラキラとした尾を伸ばした、漫画のような流れ星をみました。旅の最後にすごいものが見れて良かったです。

Img_5289 あっという間の一週間でしたが、色々なことを体験できて本当に良かった。沖縄本島の中でも場所による違いが見れて面白かった。沖縄の安宿に泊まってのたびでしたが、当然ご飯はありませんが、ほとんどの宿で、何かしら食べ物なり飲み物をくれます。そのやさしさ、シェア精神。病み付きになります。たった一晩という短い間に受けるやさしさは、また沖縄に行きたいという気にさせてくれます。どこの生まれでどこに住んでいようと、また沖縄に行きたくなる、食べたくなる、聞きたくなる、弾きたくなる、見たくなる。日常から離れたところで出会う人達と話すのはとても有意義な時間だと思います。それが安宿の魅力、ゲストハウスのいいところだと思います。
今回のたび、総走行距離約800㌔

またいこう。今度は4人でね

Img_5075


| | コメント (4) | トラックバック (0)

ただいま~

ど~も。ぶらり沖縄家族3人の旅 帰ってきました。no プランで進んだ今回の旅も、ふと、気が向くまま直感を頼りに北へ、南へ、右へ左へ本島ぐるりとしてきました。まずは毎日宿探しから。 朝起きたら3人で「今日どこいく~???」

ひなたが右といえば右へ進み、虹がでれば虹に向かい、何かに導かれてるみたいに 良き出会いもあり、おいしいものに辿り着き、ほんといい宿に恵まれた今回のたびでした。

Img_5000 15日セントレアすぐ近くにあるえみちゃんちに1泊。16日セントレア発ひなた電車に飛行機にうきうき♪那覇はじめじめ蒸し暑い。サンタバーバラ時代の友達 シンガー千明に再会夜はおいしい沖縄料理。今夜は千明んちに一泊・・・

17日 あいにくの雨。。島に行く予定を変更。北へ向かう。美ら海水族館のおっきい水槽の前でtaka&hinata座り込みで釘付け。圧倒されて動けなくなってしばらくボーっとみとれる。

Img_5030_2

今日の宿は結屋 ドミもあるけど、うちらは個室希望。海の目の前のかなり景色のいい部屋。 1泊一人2800円

Img_5086 おかみの結ねえは元木の下大サーカス団員。かなりきさくでめんどうみのいい宿の盛り上げ役。夜はお勧め漁師の居酒屋でいままで食べたことのないおいしい魚料理を堪能  メニューもないから戸惑ってたら、どんどんでてくるでてくる。おかげでかなり満腹になっちゃいました。 たかくんは島人に「うちなんちゅか?」と言われ意味もわからず「うん」と答えたので、沖縄人だと思われてました。。

そして帰った後、他の宿泊客達と、泡盛でのみ語らいました。ひなたもおねーサン達に遊んでもらって大満足そうでした。サンシンを引く人や、語り合う人、子供と遊ぶ人、今日はじめてあった、色々な人達と話すのは本当に楽しいです。日本縦断をチャリでした人、バカンスで来てる人、ニートな人。色々な人生と交差出来ます。いわゆる人生のスクランブル交差点みたいな感じです。そこを、女将の結ねえが、しゃきっと指揮して、きっかけを作ってくれます。いい宿でした。また絶対いきます。

Img_5093

18日朝、やっときらきら太陽がみれました。青空とあおーい海にテンションUPみんなと屋上にのぼりまったり。記念撮影。

Img_5097

Img_5100 みんなとお別れして、前から行ってみたかった高橋 歩さんの作った beach rock villageへ。。 かなり山奥にあった。こんなとこに良くつくったな~って関心。 テント村に、ツリーハウスにティピに眺めのいいcafe。馬も虫もいきいき植物にすべてがnaturalでした少し休んで、そこを後にした。。

Img_5120 Img_5113

その後、どこ行こうか考えながらドライブがてら、近くの橋がかかっている離島へ、こうり島は車で一周10分という小さい島、その橋の袂で、小僧と海水浴。死にそうなくらいはしゃいでました。行くあてもなくどこに泊まろうと悩んだり、直感で右に曲がったり左に曲がったりしてたら、虹に出会いました。この道で正解だったと解釈し、また先に進む。雨が降ってきたら引き返し反対側の海へ、そうこうしてるうちに小さな民宿を仲泊で紹介してもらいそっこうOK。民宿富士、一人2500円でした。

Img_5137

続きは次回へ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パラダイス♪

お休み中ご迷惑をかけた方々、申し訳ありませんでした。

いってきましたよ~~朝霧天空祭り今回初めてだったけど、ほんとよかった~ かなり気に入ったnagomi crewです。

なんといっても富士山ふものとふもとっぱら。な~~~~んにもない牧草地帯です。360度ほんと広大な景色。車でそのまま中まではいれるオートキャンプ。メローな雰囲気。ぜーんぶ気に入りました。

Img_4821

心配してた天気も大丈夫で、涼しい心地 よさにのんびりモード全開でした。遊んで、ご飯作って、昼寝して、ライブ聴いて、散歩して、花火見て、仙人の湯行って、かなりのストレスフリー

ごみごみしてないのも魅力です。子供たちもいきいきです。

Img_4800 Img_4808 Img_4819

Img_4825Img_4830 Img_4831_2

火の周りと木の下には自然と人が集まります。

Img_4837 キャンプでのご飯はほんと至福です。

夜中3時に起きて見に行った、マジェスティックサーカスのライブはほんとよかった。みんなかなり自分の世界に入ってましたね

Img_4849

Img_4844 Img_4843 夜の村も幻想的でした。そして、満天の星空にほんと感激でした。

朝5時頃目が覚めて、外にでてみると、いままでかくれてた富士山が!!!!

Img_4851 だだっ広いところにぽつんと一人、富士の大きさに驚きと安心感ときれいさに言葉なくただ、ぼーっとたちすくんだaiでした。

Img_4858 ひなたも楽しんでました。たか&あさ頭がおかしくなったのか、諭吉さんで油とりました。Img_4862

Img_4873 小川で遊んだら、ほんと冷たくて気持ちよすぎた。富士の恵みに感謝感謝。

Img_4880 かなりのリフレッシュでした。来年も絶対いきます。みんなも一緒にいきましょう。

個人的な話ですが、来年は家族がまた一人増えてます。キャンプ仲間が増える感じで、今から楽しみです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

nagomi Trip お店 イベント